簡易テント

組立式サッカーゴールのvigoを販売している ”株式会社ラックス・Fungoal” が扱う簡易テント。

価格は3m×3mサイズで 30,600円、2m×2mサイズで 24,800円。

楽天等で調べると、3m×3m前後の簡易テントで7,000円~、2m×2m前後の簡易テントで5,000円~、
価格としてはこんな感じなので割高に見えますが、実はこれめちゃめちゃ安いです。

というのもそもそもの比較対象が間違っていて、上記の10,000円以下の製品はレジャー用の簡易なもの。
下記のURLでテントの写真を見るとその違いが良く分かるんですが、
http://www.fungoal.com/image/gazebo/gazebo004_1.jpg
テントの屋根部分のフレームの構造が違います。
内側にフレームを持たないタイプのテントは、風などの少しの負荷で破損してしまいますが、
こういった内側を支えるフレームが有る型は、風を受けた時に内向きに掛かる負荷を受け止められます。

同様の構造をもつ製品は業務用の簡易テントになりますが、その価格は安いもので60,000円以上はします。
それらと比べるとこの製品の安さが分かると思います。

細かい作りを見ると、他社製品に比べて接合部などの樹脂パーツが少なく、溶接やネジ止めが多いようです。
こういった部分の工夫でコストダウンを行っているのでしょうか。

問題が有るとすると折り畳んだ時のサイズと重量。
重量はまあ台車なりを使えばどうとでもなりますが、サイズの大きさがネックになります。
3mサイズの収納寸法が160cm×30cm×35cm、2mサイズでも140cm×30cm×30cmと一回り大きいです。
コンパクトカーのラゲッジスペースに入れるにはちょっと厳しい大きさ。

この点をクリアできるなら耐久性や強度が高いので結果的に安く上がります。
といっても所詮は簡易タープテントなので下手な使い方をすると直ぐ壊れるでしょうけど。

⇒ 株式会社ラックス・Fungoal 簡易テント